2008年09月10日

こいちゃん 小さくなって帰って来ました・・・

これは こいちゃんが亡くなる当日から今日までの出来事を
私の記憶に基づいて 順を追って書いています。

今後 何度も何度も読み返しては
その日が鮮明に蘇るように・・・


【平成20年9月7日 日曜日】

この日は こいちゃんが入院する前から予約してあった
トリミングの日でした美容院

お医者様からも 涼しくなったら短時間なら散歩も大丈夫と言われてたし
トリマーさんが2人いる日は ちいちゃんと2匹でも
全部で1時間のトリミングなので 連れて行く事にしました犬(足)

日曜日なのに だんなが急に仕事になったので
行きも帰りもタクシーで行きましたが
車の中でも 開店前の西武の玄関前でも
ごきげんな 2ち〜でした犬(笑)犬(笑)
IMGP6815.JPG

IMGP6810.JPG

IMGP6811.JPG

IMGP6813.JPG



午前9時半頃に家を出て車(セダン)
10時一番にトリミングしてもらって美容院
11時半には帰宅して 元気におやつを食べてましたエサ
IMGP6816.JPG

IMGP6818.JPG



食後は ごきげんで お昼寝もしてました眠い(睡眠)
IMGP6823.JPG

IMGP6820.JPG



ところが 午後2時〜3時頃に 滋賀県大津地方に
雷と共に雷 強い雨が降り出してから雨
こいちゃんが 怖がり出して とても怯えていました犬(泣)

それから ず〜っと落ち着かない様子で
私達のそばにくっついて離れませんでした犬(泣)

夕食も まったく口をつけなかったので
IMGP6830.JPG



私は 午後7時頃 チャリンコで 近くのホームセンターに
こいちゃんが好き嫌いした時でも食べるドッグフード類と
点滴代わりの成分にもなる ポカリスエットを買いに行きましたダッシュ(走り出すさま)
IMGP6828.JPG



私が買い物に行ってる間の15分間程は
めずらしく だんなにくっついて離れなかったそうです。

帰って来てすぐに こいちゃんの様子を見ましたが
今は無理に食べさせるには呼吸が早いと思ったので
ポカリスエットだけでも飲むかな・・・と思ったのですが
やはり 何も口にせず しばらく 私にくっついてました犬(泣)

その後午後8時頃まで ハウスに入ったり出たりしながら
呼吸が 更に早くなってきました犬(泣)

こいちゃんが もしかしたら 今夜逝ってしまうのではないかと思い
カメラで写しておこうと思いましたカメラ

亡くなる20〜30分前の こいちゃんです犬(泣)
IMGP6827.JPG

IMGP6829.JPG



私は また 病院に行こうかと思いましたが
今 連れて行っても また一晩ICUに入院になって
怖がりで淋しがりやで甘えん坊の こいちゃんが
また ブルブルガタガタ・・・な思いをするのは かわいそうだし
前回の入院中と退院後の こいちゃんの様子の激変ぶりを知ってるから
もう あんな思いをさすのは かわいそうだし
もし 入院して このまま永遠の別れになったら
きっと 後悔するし かわいそうすぎると思ったし
その夜が そうなるような予感がしたので
どうせなら 家族みんなで見送ってあげたくて
病院行きは やめようと決心しました。

呼吸が速くなるこいちゃんを見て
やはり病院に連れて行くべきなのか
もうすぐ逝ってしまうのなら この家で安心して送ってやるべきなのか
心の葛藤が続いていましたが

こいちゃんが ハウスの中に入って
少し落ち着いて寝転んでから しばらくしてから
『キュ〜ン』と呼ぶので 抱っこしてあげたら
体をこわばらせてきたので
もう その時が来たのだと直感して
近くで うつらうつらしていた だんなを起こしました。

こいちゃんの目が見開いてきて 耳がピンと立ってきて 失禁したので
私が抱っこしながらナデナデして だんなが呼びかけたら
落ち着き始めましたが 呼吸が弱くなってきたので
1階の自分の部屋に行っていた母も呼び
みんなで 最後の その時を見送りました・・・

午後8時15分でした。

トリミングしたての 綺麗な綺麗な体で
お顔も綺麗で 本当に眠っているようにしか見えませんでした。
IMGP6831.JPG

IMGP6832.JPG



母にこいちゃんを守ってもらって
かかりつけの動物病院に 棺桶をもらいに行って来ました。
診察時間はとっくに終了してるのに 奥様も丁寧な応対で
手術中の先生も わざわざ おくやみを言いに出て来て下さいました。
IMGP6856.JPG



1時間前に買いに行ったばかりの フードや おやつを
こいちゃんに いっぱい 抱えさせてあげました。
IMGP6842.JPG



一晩中 こいちゃんを抱っこしたり チュッチュしたり
最後の夜が 永遠に思い出になるように
そして こいちゃんが安らかに眠れるように
また おかあちゃんの子供に生まれてくるように
祈る思いで過ごしました。

この かわいい肉球さんとも お別れです。
IMGP6848.JPG



数時間が経つと 死後硬直が始まり
明け方になって 鼻から 血液の薄まったような液が出てきました。
IMGP6849.JPG




【平成20年9月8日 月曜日】

この日は 母の手術後初めての 滋賀医大検査通院日で
会社から休みをもらっていたので
朝一番に 大津聖苑に電話しました。

翌日はいっぱいだけど 今日なら1件も入っていないという事だったので
医大の検査をキャンセルして 火葬場を予約しました。

火葬して収骨出来るのは 午前9時半と午前11時の1日2組だけなので
午前9時半からの1番で 見送る事にしました。

家を出発する直前まで いつも居たソファーに寝かせておきました。
IMGP6846.JPG



ちいちゃんは こいちゃんの死など 分かるはずもなく
いつもの様に 朝ごはんも完食し
IMGP6851.JPG



眠っているようにしか見えない こいちゃんに対して
いつものように ガウガウ 何度もケンカ売ってましたが

『おかあちゃんは もうすぐ バイバイやから
おっぱい吸って チューしときや・・・』って言ったら

おっぱい ペロペロってして こいちゃんにチューしてました。
IMGP6852.JPG

IMGP6853.JPG



最後の朝ごはんを 食べさせてあげました。
IMGP6855.JPG



だんなが 仕事先から戻って来てくれて
家族3人揃って 火葬場に行きました。



こんなに小さくなって 連れて帰って来ました。
IMGP6860.JPG



まだ 医大の受付時間に間に合わない事もなかったけど
みんな 疲れきってたので 行きませんでした。

日赤でも 検査してるし お薬は日赤でもらっているので
医大は データを残す為の検査だけなので
また 来月でも予約して行って来ます。



【平成20年9月9日 火曜日】

今月は 母の病院関係で 会社を4日程休むので
今日は 仕方ないので仕事へ行きました。



【平成20年9月10日 水曜日】

今日は 母が日赤で心臓超音波検査日なので
また 会社に休みをもらっています。

今日は チワワブログのお友達から
こいちゃんに 素敵な御花を頂きました。

まいさん ありがとうございます顔(メロメロ)
IMGP6875.JPG



みかろんさん ありがとうございます顔(メロメロ)
IMGP6872.JPG



こいちゃんは 今 お花畑で 安らかに眠っています犬(笑)
IMGP6878.JPG



皆さんの 優しいお心遣いに 深く深く感謝いたしますハートたち(複数ハート)



皆さんが心配して下さっている ちいちゃんですが
日が過ぎる毎に こいちゃんがいない事に気付いてきたようで
こいちゃんが最後に入っていたキャリーバッグをクンクンしたり
こいちゃんがよく入っていたハウスに入ったり
ソファーの上を探したりしています。
IMGP6864.JPG



それが不憫でたまりません顔(泣)

食欲はあるようですが やはり今日などのように 数時間のお留守番も
ひとりぼっちは初めてなので 淋しそうです犬(泣)

こいちゃんも ちいちゃんを残して逝く事が
きっと一番の心残りだったことでしょう犬(泣)

今は まだ きっとこの部屋にいるでしょうが
こいちゃんが安心して暮らせるように
ちいちゃんは 私達家族が 全力で守っていきます顔(メロメロ)

いつか ちいちゃんや 私達が行くまで
こいちゃん 元気に楽しく暮らして
待っていてね顔(メロメロ)



心にポッカリ穴があくとは こういう事なのだと 実感しています顔(なに〜)

もう必要のなくなった このお薬も
当分は 捨てられそうにもありません。
IMGP6861.JPG



家族の揃ってる日曜日に逝って
家族が揃ってる日にお空に登っていって
亡くなる直前まで元気で
でも 逝く時はちゃんと知らせてくれて
最後の瞬間を おかあちゃんに抱っこさせてくれた
世界一 親孝行な 最愛の我が子でした顔(メロメロ)

こいちゃん 安らかに・・・ぴかぴか(新しい)

ニックネーム のんのん at 21:06| Comment(22) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする